成功する転職

このエントリーをはてなブックマークに追加

成功する転職

転職サイトなどを利用して実際に転職を行った人がすべて転職で成功したと言えるとは限りません。転職をして成功したといえるのはどういったことを基準に判断をしたら良いのでしょうか。転職サイトなどを使って転職を考えだし転職にまで及ぶということはそれなりに何らかの不満や不安といったものが以前の職場に対してあったはずです。それは金銭的な待遇面かも知れませんし福利厚生や休日面かも知れません。仕事の内容や漠然とした会社に対する将来の不安ということだってあるでしょう。誰もが共通した不満を持って転職しているというわけでは当然ありません。転職をしてよかったと思えるかどうかはやはり1ヶ月やそこらでは判断できないでしょう。数ヶ月、最低でも1年程度は経過してみないとなんとも言えない部分も多々あるかと思います。

その際、自分が一番求めていた点、たとえば待遇面などが以前と比べて改善されたと思えるのならその転職は成功と判断しても良いのではないでしょうか。もちろん、会社はそれぞれ違う運営をしているのですから前の会社では当然だったとことが今の会社では当然ではないというようなことは日常茶飯事であるでしょう。それらを突き詰めて不満に思い出すとはっきり言ってキリがありません。おそらくまた転職サイトなどに登録して転職を考えだしてしまうということにもなりかねません。理想を追い求めるにも限度があるということです。自分が一番の不満に思っていたものが転職によってクリアできたのなら、その転職は成功と考えるべきなのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加