外壁補修のサイディングの塗装剤

このエントリーをはてなブックマークに追加

外壁補修のサイディングの塗装剤

外壁の補修には、「外壁に塗料を塗る方法(選択を誤ると、取り返しのつかないことになることもあるかもしれません)」と「サイディングへの張り替え」があります。

それぞれにメリットとデメリットがあるんですが、外壁塗装の利点は低コスト(費用ともいいます)でできること。しかし、耐久年数が短いというデ利点があります。

逆にサイディングへの張り替えの利点は、耐久年数が長いことと、壁内部の補修が出来る事。しかし、とても高額な費用が掛かるため、価格的に安く可能な外壁塗装にするお宅が多いです。

近所の一戸建てのお宅でも、ひび割れが出始めてから一年ほどたった後、サイディングへの張り替えの施工をしました。

工事は大手住宅メーカー(積水ハウス、タマホーム、ヘーベルハウス、ダイワハウスなどが有名ですね)に依頼する高いと聞いたので、屋根や外壁塗装専門の業者に依頼しました。

しかし、塗装剤を塗るのと、サイディングでの外壁塗装では、金額にサイディングでのほうが高く、あまりにも差があるので迷ったのですが「長持ちする」と言うことでサイディングに決めました。

ひび割れをそのまま放置すると、ひび割れから雨水などが入り込んで中の材木が腐るので、10年に一度のメンテナンス(怠ると故障や老朽化、使用不能などに繋がります)が必要だそうです。

ホームセンターなどに行ったら、シリコンコーティングも売られているになるかもしれませんが長持ちしないどころか、下手にやるとかえって悪化するとのことでした。

そういえば、キッチンの床もコーティングをすることで、床の材料が空気(日本語では、空気を読まない、空気のような存在という表現もよく使われますね)に触れないためよくないというような話を聞いたことがありますが、それと同じになるはずです。

ちなみに、知人のお宅のサイディングでの外壁塗装代は、割引をしてもらっただと思いますが、3階建と言う点もあり、90万円だっただと言えます。2階建ての場合であれねもっと安くなるとは思うのですが、すごく高いみたいです。
 

外壁補修の費用相場がスグわかる
外壁補修を業者に依頼する際に気になるのは費用です。どれくらいの料金が自分の地元では相場なのかをはおくしておくことが大切です。

このエントリーをはてなブックマークに追加